大人ニキビに効くサプリランキング決定版

大人ニキビに良いサプリとは

 

大人ニキビの原因はなに?

 

気になる大人ニキビの原因を見ていきましょう。その原因は多岐にわたると前述しましたがその一つ一つを見ていくと最終的に一つの場所に行きつきます。

 

まず最も多くなるのは毛穴がふさがれるということです。毛穴というのは分泌された皮脂の出口です。この出口が汚れであったり、角栓などによってふさがれてしまうと、その出口である毛穴はもちろん炎症を起こしてしまいます。

 

さて、この毛穴がふさがれるという事態、どういったときにおこるのか見ていきましょう。若いころのニキビは過剰な皮脂が毛穴をふさぐということが原因となっていましたが、大人になるとそれだけではないということです。角質層が固くなってしまうのもまた原因の一つではありますが、それは長い間の肌ケアに関わってきます。

 

そして年齢によるターンオーバー、つまり新陳代謝も大きな原因です。そのほかにも肌へのストレスもあります。肌ストレスというと、スキンケア商品が肌に合っていないというイメージがあることもありますが、実はそれだけではありません。紫外線も肌ストレスとなりますし、冷房や暖房による乾燥もあります。また、寝不足なども原因となります。

 

特定できる原因というものが一つではないというのが大人ニキビの重要なポイントです。しかしその基礎となるもの、お気づきになりましたでしょうか。

 

生活習慣です。紫外線対策などの外側からの対策、食生活を見直したりという体の中から変えていくことも大切です。

 

大人ニキビの種類

 

大人ニキビにある種類、それをご存知でしょうか。まず原因が違うということではなく、経過状況によって種類があるということです。わかりやすく色で見ていきましょう。

 

まずはニキビの最初の段階となるのは透明ニキビです。皮脂の分泌が過剰になることで古い角質と混ざり合ってしまい角栓、つまりは芯となるようなものが出来上がってきます。この角栓が毛穴を詰まらせてしまい、ニキビの予備軍として毛穴の中で待ち構えている状態です。

 

次には白ニキビまたは黒ニキビとなります。皮脂が毛穴の下でたまってしまいその皮脂が盛り上がり毛穴から少しのぞいた状態が白ニキビになります。そして白ニキビが空気に触れると酸化してしまい黒く見えてしまいます。これが黒ニキビになります。

 

次は赤ニキビに進化します。これは炎症により毛穴が赤くはれ上がっている状態です。この段階では早めのケアが必要になります。ニキビ跡として残りやすくなってしまうのがこの赤ニキビの特徴です。

 

大人になると新陳代謝が活発ではなくなってきます。それによって治りが遅くなってしまうというのはやむを得ないことになりますが、そのためにも早めの対処は必ず必要なことになります。

 

もう一つは黄ニキビです。これは最終段階のニキビになります。ニキビを放置しておいた結果が黄ニキビということになりますので早めの対処が必要になります。化膿して庵、毛穴周辺の組織が破壊されている状態です。自分で対処することができない段階になりますので気になる場合には専門機関で治療することが必要となります。

大人ニキビに効く成分

病院で処方されるニキビの薬にしても、ドラッグストアなどで手に入れることができるニキビの薬にしても、大人ニキビに対して有効な成分として以下のような成分が配合されていることが多いです。

 

イオウ

 

イオウというのは、独特の臭いがあり、温泉に含まれていたりすることもある成分となっています。このイオウというのは、炎症を抑制したり、角質を柔らかくしていく作用があります。

 

リン酸アスコルビル

 

リン酸アスコルビルは、ビタミンC誘導体の一種となっています。抗酸化作用があり、活性酸素を抑制することによって、肌の乾燥や炎症を抑えることが可能になっています。また、コラーゲンを活発に生成させる作用や、メラニン色素を抑制する作用もあるとされています。

 

アプレシエ

 

アプレシエもビタミンC誘導体の一種となっており、油溶性ビタミンと水溶性ビタミンのどちらの長所も持っている成分となっています。浸透率はビタミンCの10〜100倍ほどとなっており、成分を真皮層まで浸透させることができるようになっています。これまで、ビタミンCを真皮層まで送るためにはイオン導入をする必要がありましたが、アプレシエを使うことによって、簡単に浸透させることができるようになったのです。

 

サルチル酸

 

皮膚の表面を柔らかくするための成分として使われていることが多いのがサルチル酸となっています。ピーリング作用があり、閉じてしまっている毛穴を開くために使われています

 

フラーレン

 

コラーゲンの生成を促す作用はプラセンタの800倍、抗菌作用に関してはビタミンCの172倍という高性能の成分となっており、最近ニキビの治療で用いられることが多くなってきています。

 

これらは主に化粧品成分となっていますが、大人ニキビに効くサプリ成分もまたいくつかあります。外側からと内側からのケアが効果的です。

ニキビケアにビタミンC誘導体がおすすめ?

ビタミンC誘導体というのは、そばかすやシミ以外にもニキビに対しても効果が期待できると言われています。元々ビタミンCというのは、抗炎症効果があるとされています。ですので、ニキビや吹き出物などのような炎症などに対していいとされています。

 

ニキビの中でも、最近は大人ニキビに悩んでいる人も大勢いるのですが、この大人ニキビというのは、女性ホルモンとも密接な関わりがあるとされています。

 

また、大量の皮脂が分泌されてしまっていることによって、毛穴が塞がってしまい、その中でアクネ菌が増えてしまうことによってにきびになってしまうケースが多いです。

 

ニキビケアの方法が間違っていたり、ケアをせずにそのままにしてしまっていると、ニキビの状態が悪化してしまったり、広範囲に広がってしまうということもあるのです。ビタミンC誘導体による抗炎症作用によって、このニキビの炎症を抑えて、改善しやすくすることも期待できますし、毛穴を閉じて、毛穴を目立たないようにしていくことも可能になっています。

 

ニキビができてしまっているということは、肌に炎症が生じてしまっているということになるわけですので、通常よりも肌が敏感な状態になっています。元々敏感肌になってしまっている人の場合、ニキビが生じてしまっていることによって、さらに肌が繊細な状態になっていますから、ケアは慎重に行わなくてはなりません。

 

ですので、このような場合は、濃度が高いビタミンC誘導体を使ってしまうと、反対に肌トラブルが悪化してしまうかもしれません。ですので、いつもよりも配合濃度が低いビタミンC誘導体化粧水を使うようにして、肌に刺激を与え兄用にすることが大切です。

更新履歴