断食がもたらす効果とは?

断食がもたらす効果とは?

断食ダイエットは、一定の期間、食を断つダイエットです。食べなければ痩せるのは当然で、そんなことをしたら体に負担がかかるのではないかと心配する人もいるでしょう。しかし、断食ダイエットがもたらす結果は、痩せるということだけにあるわけではないのです。断食ダイエットがどんなことに効き目を発揮するか、ここで見ていきましょう。

 

・臓器を休ませる
日頃脂肪分の多い食事や暴飲暴食で酷使していた、内臓を休ませてあげます。疲労から炎症を起こしていた内臓組織が再生されて、栄養素を効率よく吸収できるようになるのです。

 

・血液をきれいにする
脂肪を摂りすぎたり食べ過ぎたりすると、血中のコレステロールが過剰に増えてしまいます。すると血液の流れが悪くなるため、断食で血液から余分なコレステロールを排除するのです。

 

・肝臓をきれいにする
アルコール、食品添加物、薬、加工食品、脂肪分の多い食事を断つことで、肝臓にたまった有害物質を解毒します。

 

・大腸をきれいにする
脂肪の摂り過ぎやストレスは、便秘となって現れることもあります。ガンや過敏性腸症候群、痔などに悩まされることのないよう、こびりついた宿便をきれいに取り除きます。

 

・毒素を排除する
化学物質や重金属、薬物などの有害物質にさらさらがちな日々の生活は、アレルギーや糖尿病、自律神経失調症などの神経系・免疫系・内分泌系に影響を及ぼします。脂肪には有害物質が溜まりやすいため、断食で脂肪を少なくすることで有害物質を溜め込まないようにするのです。

 

体をリセットするために、断食ダイエットはプラスに働く行為といえるようです。